行き場失った雨水が牙むく 大雨の佐賀「内水氾濫」か
武雄市や大町町、広範囲に浸水被害

2019/8/29 18:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州北部を襲った大雨は、低海抜の平野部に位置する佐賀県武雄市や大町町でとりわけ大きな浸水被害をもたらした。潮位の変動が大きい有明海の水が満潮で河川に逆流し、川に排水できなくなった雨水があふれる「内水氾濫」が起きたとみられる。専門家は「集中豪雨が増える中、住民側も水害に備える対策が必要だ」と話す。

「雨が激しくなって避難しようと思ったら、あっという間に水が押し寄せてきた」。大町町を流れる六角川近く…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]