オリパラ考

フォローする

地上波スポーツ中継、大衆化とコアファンの不満
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーのワールドカップ(W杯)を前に、元日本代表の広瀬俊朗氏の話を聞く機会があった。慶応大や東芝で活躍し、代表では主将も務めたラグビーファンなら知らない人がいない存在。もっとも最近は「浜畑譲」というドラマの役名の方が有名になった。

ラグビーの企業チームの再生を描いたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」に俳優として出演。「30年間ラグビーをしてきたけど、(知名度は)ドラマが始まって2回で抜かれてし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
7月の競泳の世界選手権では、ドーピング疑惑にある孫楊(中国、左から2人目)と表彰式で並ぶのを拒否した選手もいた。=AP

 深刻化するドーピングが東京五輪・パラリンピックに暗い影を落としている。世界反ドーピング機関(WADA)はロシアへの新たな処分案を12月9日に審議すると発表した。処分が下れば2016年リオデジャネイロ …続き (11/22)

 スポーツの取材を長く続けてきたが、最近のテレビのスポーツ中継の多さには驚かされる。現在は野球のプレミア12が開催中。10日までは卓球のワールドカップ、7日にはボクシングの井上尚弥対ノニト・ドネアの世 …続き (11/15)


 東京五輪のマラソンと競歩の開催地が約800キロメートル離れた札幌に変更された。東京の酷暑を心配した国際オリンピック委員会(IOC)が決定したもので、事前に東京都への相談はいっさいなかった。小池百合子 …続き (11/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]