/

関西ゆかりのオルガン奏者、いずみホールで競う

オルガン奏者の冨田一樹(右)と、オルガンフェスの企画に携わった日本オルガニスト協会の松居直美前会長

いずみホール(大阪市中央区)は31日、関西ゆかりの若手オルガン奏者によるコンサートを開く。日本オルガニスト協会と共催するオルガンフェスティバルの締めくくりだ。2016年に日本人で初めてバッハ国際コンクールを制した大阪出身の冨田一樹がJ.S.バッハの「われ汝(なんじ)に呼ばわる、主イエス・キリストよ」「フーガ ハ長調」などを弾く。ほかに北村あゆ美、桑山彩子、長田真実、三上郁代が出演する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン