/

パーク24、純利益14%減 11~7月 海外不振

パーク24が29日発表した2018年11月~19年7月期の連結決算は、純利益が前年同期比14%減の78億円だった。海外駐車場事業が低迷し、国内の駐車場運営やカーシェアサービスは好調だったが補いきれなかった。

売上高は8%増の2326億円だった。カーシェアは都市部の駅前など拠点の整備で平日稼働率が向上して好調だった。海外では英国が低迷した。商業施設の駐車場の稼働率が低く、人件費など運営コストも重荷となった。現地の組織体制の見直しで関連費用も増えた。営業利益は3%減の146億円だった。

19年10月期の通期業績見通しは従来予想を据え置いた。売上高は前期比7%増の3200億円、純利益は8%減の128億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン