ミニストップ、無人レジの実験店 冷凍食品など充実

2019/9/2 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミニストップは同社初となる無人レジの小型店舗を都内で実験的に出店した。スイーツなどを作るキッチンは設けず、冷凍食品や低価格品を充実。24時間営業ではなく、IT(情報技術)を活用して効率的な店舗運営を意識した。

店名は「365table(サンロクゴテーブル)」で、このほど東京都江東区に開設した。店内は食品スーパーなどに近いが、同社が得意とするソフトクリームや定番スイーツ「ハロハロ」は提供しない。総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]