日本製鉄、設備投資1割減 米中摩擦受け高炉改修延期
【イブニングスクープ】

2019/8/29 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製鉄は2018~20年度の3年間で予定していた約1兆7000億円の設備投資額を当初計画から1割減らす。計画していた高炉改修も延期する。中国が粗鋼生産を増やす一方で、米中貿易摩擦の影響で世界景気が減速。需要減から鋼材価格が下落し、収益環境が厳しくなっているためだ。米中摩擦の余波で設備投資を絞り込む動きが広がる可能性がある。

中国では景気刺激策も背景に粗鋼生産量が41カ月連続で増えているが、自動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]