プレーバック

フォローする

「白い妖精」コマネチ満点 1976年モントリオール五輪

Tokyo2020
2019/8/29 18:00
保存
共有
印刷
その他

段違い平行棒をくるくる回り、平均台の上を跳びはねても手足のさばき、着地に寸分の狂いもない。電光掲示板に表示された、14歳のナディア・コマネチ(ルーマニア)の得点は「1.00」。運営側も満点を想定しておらず「10.00」が表示できなかった。五輪体操初の10点満点は少し間の抜けたものだった。

モントリオール五輪で段違い平行棒の演技をするコマネチ=UPI共同

モントリオール五輪で段違い平行棒の演技をするコマネチ=UPI共同

コマネチは大会を通じて7回の満点を記録して個人総合を含む金メダル3個、銀1、銅1のメダルを獲得。東西冷戦のまっただ中、白いレオタードとポニ-テール姿も愛らしい少女は「白い妖精」と呼ばれ、一躍、西側世界でも人気者となった。

80年モスクワ五輪でも金2を含む4つのメダルを獲得し、84年に引退。しばらく消息が西側には伝わってこなかったが、ベルリンの壁崩壊直後の89年、28歳になった妖精が亡命者として現れた。幼少期から教わったカロリー・コーチを追うように米国へ移り住んだ。カロリー氏は米国でも数々の五輪金メダリストを育てた。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
最後の五輪と心に決めてM・ジョンソン(右から2人目)はシドニー大会に臨んだ=ロイターロイター

 2000年シドニー五輪、開幕前に33歳の誕生日を迎えていた陸上界の「MJ」ことマイケル・ジョンソン(米国)。人類初の400メートル42秒台突入を期待されたレース本番の夜、南半球の春先にあたる9月はや …続き (10/17)

男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]