空き家問題を考える(9) 新たな業態・発想で取引活性化
横浜市立大学教授 齊藤広子

やさしい経済学
2019/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家を積極的に扱う不動産業者は多くありません。簡単に売買できる物件が少なく取引に手間がかかる割には、それに見合う収入を得にくいからです。

空き家は取引価格が低いものが多いのですが、取引が成功した際に不動産業者がもらえる手数料は法律で上限が決まっています。200万円以下の場合は売買価格の5.40%。400万円までなら200万円を超えた額の4.32%を加算し、400万円を超えれば超えた額の3.24…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]