/

この記事は会員限定です

地域発コンテンツの創り方 松本淳氏

敬和学園大学准教授(コンテンツ産業)

[有料会員限定]

少子高齢化、人口減そして税収減に悩む地方自治体にとって、観光による交流人口の増加は悲願となりつつある。観光資源に恵まれる地域は限られるが、ここではコンテンツツーリズムの可能性を論じたい。地域に埋もれている資源を再発見し、「物語」を通じてそれを再編集し、追体験などのアクティビティーへの「参加」を誘発しようという取り組みだ。

近年、この分野で注目されるのはアニメだ。茨城県大洗町が舞台のひとつの「ガール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン