[FT]豊作なのに困窮続くイラクの農村事情

FT
2019/8/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イラク北部に住むジャマル・ムクリフ・ナイフさん一家は5月のある晩、何年ぶりかの豊作となった穀物を収穫していた。だがそんなお祝いムードもつかの間に、一家のすぐ近くで鳴り響く銃声とともに消え去ってしまった。

過激派組織「イスラム国」(IS)の戦士たちが収穫作業中のナイフさん一家を襲い、5人を殺害した。最も若い犠牲者は18歳だった。畑や農機に火を放ったIS戦士たちはその様子を写真や動画に収めて、満足げ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]