ゴールドウイン、人工たんぱく質のジャケット
スパイバー開発の素材使う

2019/8/29 15:39
保存
共有
印刷
その他

スポーツウエアのゴールドウインは29日、人工たんぱく質の繊維で表面を作ったアウトドアジャケットを「ザ・ノース・フェイス」ブランドから12月12日に発売すると発表した。慶応大学発スタートアップのスパイバー(山形県鶴岡市)と共同開発した。50着の数量限定で8月29日から予約を受け付ける。4年間の開発で防水性などを既存商品と同水準まで高めた。

発売する「ムーン・パーカ」。表面は無着色で、うっすらとした黄色はたんぱく質独特の色だ(29日、都内)

12月に発売する「ムーン・パーカ」

裏地には青々とした地球が描かれている

商品名は「MOON PARKA(ムーン・パーカ)」。ジャケットの最外層には微生物の発酵を応用した人工のたんぱく質「ブリュード・プロテイン」繊維を縫製した。

29日午後6時から10月31日まで特設サイトで購入予約ができる。応募が50件を超えた場合は抽選になる。価格は税別15万円と、同様の機能を持つ既存商品と比べ約2倍の値段だ。

ゴールドウインは2015年、スパイバーに30億円を出資してアウトドアジャケットの共同開発を始めた。当初はクモの糸の遺伝子に着想を得た人工たんぱく質「クモノス」を用いて、16年中の販売を目指していた。

「一番の課題は(水ぬれ時の)超収縮だった」とスパイバーの関山和秀社長は言う。人工のクモ糸はぬれると数十パーセント収縮してしまい、アウトドアジャケットとしての性能を満たせなかった。市販化に向けて研究開発を続けた結果、収縮しにくいブリュード・プロテインを新たに開発、採用した。防水性や透湿性をゴールドウインの求める基準まで高めるよう分子レベルでの改良を進めた。

クモノスの研究を進める過程では天然クモ糸の遺伝子を解析して収縮の原因となるアミノ酸配列の特徴を突き止めた。この研究成果をベースにブリュード・プロテインの開発にこぎ着けた。

ブリュード・プロテインは、水ぬれによる収縮を9割抑えることに成功した。コストも当初より下げて市販化できる水準に達した。ただ、開発の指揮を執るゴールドウインの渡辺貴生副社長は「利益を積み上げる段階ではない」と話した。

21年にはスパイバーがタイに持つ生産拠点が稼働する予定で、量産も視野に入ってくる。量産が始まれば採算は大きく改善する可能性はある。

「(今回の販売は)大きなジャンプをするための第一歩。小さな一歩だが、大きく飛躍していくための一歩だ」。関山社長はムーン・パーカの商品名のもとにもなった50年前の月面着陸を例に出しながら、挑戦を続ける姿勢を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]