埼玉県内企業のメインバンク、埼玉りそな銀が3年連続首位

2019/8/29 15:34
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチ埼玉支店がまとめた調査によると、2019年の埼玉県内企業のメインバンクのシェアは埼玉りそな銀行が29.1%で首位だった。17年の調査開始以降、3年連続でトップとなった。次いで武蔵野銀行が11.8%、埼玉県信用金庫(熊谷市)が9.5%で、上位2行1信金が県内シェアを約5割占めた。

県内の6万2648社を対象に調査した。17年調査と比べると8位だった東和銀行、9位だった飯能信金(飯能市)の順位が入れ替わったものの、それ以外は上位15位の順位は変わらなかった。今回9位になった東和銀行は埼玉県に地元の群馬県より4店舗多い43店舗を出店している。他にも群馬銀行や足利銀行、栃木銀行など北関東勢が上位に食い込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]