キッコーマン、新研究所が完成 基礎研究を強化

2019/8/29 15:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キッコーマンは29日、千葉県野田市にある新研究所の竣工式を開いた。堀切功章社長は「基礎研究を強化し、中核のしょうゆ事業の可能性を広げていきたい」と狙いを語った。世界4カ所に構える研究開発拠点のなかで最大規模となる。発酵や醸造技術をもとにした基礎研究や調味料の商品開発の強化につなげる。

29日に公開したキッコーマン中央研究所は2階建てで、敷地面積は約1万7000平方メートル。投資額は約70億円で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]