/

この記事は会員限定です

障害者アートの経済的価値示したい 大平暁さん

Active

[有料会員限定]

知的障害者の芸術創作活動を支援する拠点が2020年1月ごろ、川崎市に生まれる見通しになった。創設に奔走した大平暁(おおだいら・さとる、48)は約10年間、障害者の創作支援に関わってきた。

美大の大学院を出て、創作活動とともに予備校講師や保育園の絵の講師などをしていた大平が、知的障害者とかかわり始めたのは偶然だった。川崎市内の障害者福祉施設から、知人を介して大平に指導役の要請が来た。だが当初、大平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン