ALS患者、ロボでよみがえる声 東芝が音声合成

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/8/30 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

難病で話せない患者の声でロボットがしゃべり出す――。東芝がスタートアップ企業や難病の啓発機関と手を組み、音声合成と視線入力、ロボットを組み合わせたサービスを始めた。声をあらかじめデジタル合成し、難病患者が話せなくなった後に活用する。難病でも自分の声でコミュニケーションがしたい。そんな患者の思いにテクノロジーが挑む。

「こんにちは。暑いですね」。都内のオフィスを訪れると、ゆっくりだがはっきりした口…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]