ニュース

フォローする

ラグビーW杯 リーチ・堀江ら日本代表31人を発表

ラグビーW杯
2019/8/29 14:42
保存
共有
印刷
その他

日本ラグビー協会は29日、9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表31人を発表した。主将でフランカーのリーチ・マイケル(東芝)や、いずれも3大会連続出場となるフッカー堀江翔太(パナソニック)、SH田中史朗(キヤノン)らが順当に選ばれた。

ラグビーワールドカップ日本大会の代表選手を発表する日本代表のジョセフHC(29日、東京都千代田区)

ラグビーワールドカップ日本大会の代表選手を発表する日本代表のジョセフHC(29日、東京都千代田区)

韓国出身のプロップ具智元(ホンダ)、南アフリカ出身のフランカー、ピーター・ラブスカフニ(クボタ)ら海外出身選手は史上最多の15人となった。選手の出身国も最多の7カ国。最も多様なルーツを持つ選手が集うチームとなった。

スクラムを最前列で組むFW第1列にはPR稲垣啓太(パナソニック)らが入り、ナンバー8では初出場を目指す姫野和樹(トヨタ自動車)が選ばれた。司令塔のSOには田村優(キヤノン)、WTBにはチーム一の俊足、福岡堅樹(パナソニック)が入った。

4大会連続メンバー入りのロック、トンプソン・ルーク(近鉄)は、日本史上最年長の38歳での出場を目指す。2015年W杯で人気を集めたFB五郎丸歩(ヤマハ発動機)は同大会後、代表でプレーしていない。

ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「我々はW杯でトップ8という目標を掲げている。かなり難しいチャレンジになるが、スタッフ、選手、150%の力を出し切って、そこに向かってまい進したい」と話した。

メンバー選考については「W杯はメンバーの変更ができないので、複数のポジションをカバーできるかも考慮した」として上で、「選ばれた選手に共通することは、チームが何をしようとしているか、どのようなゲーム運びをするのか、しっかり理解しているかどうか」とした。

W杯はアジアで初開催となる。日本は1次リーグでロシアと開幕戦(東京スタジアム)を戦った後、アイルランド(28日、エコパスタジアム)、サモア(10月5日、豊田スタジアム)、スコットランド(10月13日、横浜国際総合競技場)の順に対戦。3勝以上を挙げ、史上初の8強進出を目指す。

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
日本戦に向け、キックの練習をする南アフリカのルルー(18日、味の素スタジアム)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝(20日・味の素スタジアム)で日本と対戦する南アフリカは18日、試合会場でバックス陣がキックの練習を行った。小雨の降る中、SHデクラーク、FBルルー …続き (10/18)

網走スポーツ・トレーニングフィールドはラグビー場を7面取ることができる。

 ラグビーのワールドカップ(W杯)で日本は20日、ベスト4進出をかけて南アフリカとの決戦を迎える。快進撃を続ける日本代表が大会直前の合宿を張ったのが北海道網走市。大学や実業団チームを呼び込み、「夏合宿 …続き (10/18)

試合会場で調整するイングランド代表(18日、昭和電工ドーム大分)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝で19日に対戦するイングランドとオーストラリアが18日、試合会場の昭和電工ドーム大分で最終調整した。
 イングランドは公開された冒頭から、厳しい表情で …続き (10/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]