ヤマハ、打球が曲がらず飛距離のびるゴルフクラブ

2019/8/29 16:00
保存
共有
印刷
その他

ヤマハは9月6日、ゴルフクラブの「RMX(リミックス)」シリーズの2020年モデルを発売する。新たに開発した飛距離を伸ばす機構を搭載し、ボールを一直線に飛ばしやすくする形状にした。

飛距離性能を向上させた

ドライバーの内部に打面を縁取るようなリング状の「ブーストリング」を搭載した。ボールに当たった時の衝撃を最適化し、ヘッド部分のたわみを均一にすることで、飛距離性能が大幅に向上したという。ヘッドの形状も改良し、ブレたり芯を外して打ったりしても曲がらずまっすぐに飛ばせるようにした。

ドライバーはヘッド部分が税別4万3000円。ヘッドに取り付けるシャフトが3万2000円から。フェアウエーウッドやアイアンなどの新モデルも販売する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]