横浜地下鉄、オーバーラン 回送が壁に衝突、居眠りか

2019/8/29 12:50 (2019/8/29 21:54更新)
保存
共有
印刷
その他

29日午前8時35分ごろ、横浜市営地下鉄ブルーラインの回送電車が、踊場駅(同市泉区)の引き込み線でオーバーランし、前方の壁に衝突した。男性運転士(42)が両膝に軽傷を負った。乗客はいなかった。市交通局によると、運転士は「居眠りをしてしまった」と説明している。

電車は踊場駅で乗客を降ろした後、折り返すために引き込み線に入り、本来の停止位置を約30メートル過ぎて壁に衝突。先頭から2両目までが線路から落ち、窓ガラスが割れるなどした。

ブルーラインでは6月に線路から撤去し忘れた保守点検用装置に電車が乗り上げ、脱線する事故があった。7月に作業員らが停職などの懲戒処分を受けている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]