/

この記事は会員限定です

鹿島とメルカリ、相思相愛で挑むJリーグ競争時代

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカーJ1の鹿島アントラーズの経営権の譲渡が30日、正式に完了した。公正取引委員会は同日までに、フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリが、アントラーズの運営会社(鹿島アントラーズ・エフ・シー)の株式約6割を日本製鉄などから約16億円で買い取ることを認可。ここからアントラーズは、先端のIT(情報技術)企業とともに新たな一歩を踏み出すことになる。

新体制ではメルカリの小泉文明社長が運営会社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン