ゴーギャン 不遇の画家はビジネスで大成功していた
あの天才がなぜ転落?(第7回)

スキルアップ
2019/9/7 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
一度は成功者として脚光を浴びながら、転落してしまった天才たちがいる。本連載は、その生涯と「失敗の本質」を分析する。第7回と最終回で取り上げるのは、株式仲買人として成功を収めながら、画家に転身し、一文無しで家族からも見放されて亡くなったポール・ゴーギャンだ。

■南の島で迎えた終焉

男の異常に気付いたのは隣人だった。家の外から声をかけても応答がなく、様子を見に中に入ると、男は片足をベッドから垂らし、身動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]