高齢ドライバーに実技試験 警察庁、事故対策へ検討

2019/8/29 12:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高齢ドライバーによる交通事故対策として、警察庁は運転技能を調べる実車試験を導入する検討を始めた。高齢者を対象にブレーキやアクセルの操作を試験し、技能に課題があれば、安全機能を備えた車のみに限って運転を認める「限定免許」の対象とする。高齢者による事故の原因は操作ミスが多く、事故のリスクを軽減する狙いがある。

2020年度予算の概算要求に調査費2700万円を計上する。高齢者向けの限定免許は早ければ2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]