東電など原発提携に温度差、国の関与焦点に

2019/8/28 20:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスと中部電力、日立製作所、東芝の4社が、原子力発電所事業の共同事業化に向けた検討で基本合意した。原発の建設や運営、保守などで提携して共同出資会社の設立を検討する。東電は東通原発(青森県)の建設を再開したい考えだ。ただ、発電所の運営リスクを巡り企業間には温度差があり、「民間任せ」には限界がある。

東電は凍結中の東通原発の建設再開を起点に将来的には柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]