繰り下げ受給は広がるか 給付水準上げも利用は1%
年金財政検証 浮かんだ焦点(上)

2019/8/28 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金の財政検証は将来世代の給付水準が目減りしていく未来図を示した。厚生労働省は検証を踏まえ、年末までに制度改革案をまとめる。財政検証で浮かんだ改革の焦点は何か。

検証結果によると、年金の給付水準の物差しになる所得代替率(現役会社員の賃金水準に対する夫婦世帯への年金額の割合)は2019年度で61.7%。経済成長が続いた場合でも約30年後に50%程度に下がる。

これを引き上げる効果が最も大きいと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]