/

この記事は会員限定です

高校大会の聖地・花園 W杯へ商店街も「熱戦」

ラグビーのある風景

[有料会員限定]

大阪府東大阪市の花園ラグビー場は、数々の名勝負が繰り広げられた高校ラグビーの「聖地」だ。日本初の専用グラウンドの歴史は90年に及ぶ。一方で地元商店街は客足が落ち込み、インバウンド(訪日観光客)の波からも取り残されてきた。国内外からファンが訪れるワールドカップ(W杯)を復活の起爆剤にしようと、商店主らが準備を重ねている。

ゴールポスト風のゲート、ラグビーボールを模した街灯、ラガーシャツのデザインを採...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン