堀場製作所、好調支える半導体 営業益400億達成へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/8/29 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

堀場製作所は8月初旬、2023年12月期を最終年度とする新たな中期経営計画を発表した。残り2年を残して新たに発表した中計で本格化するのが電動化など「CASE」への対応だ。主力の排ガス測定機に加え、電気自動車(EV)や自動運転の試験ビジネスを軌道に乗せる考えだ。ただ、連結売上高3000億円、営業利益400億円の目標達成には、もうひとつの「主役」が命運を握る。

■営業利益の6割稼ぐ

「ワンステージ上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]