四国でインフラツーリズム、ダム観光や瀬戸大橋登頂

2019/8/29 6:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国でダムや橋などを観光資源とする「インフラツーリズム」を推進する動きが広がっている。四国電力はダムへの案内機能などを搭載したスマートフォン向けアプリを提供。本州四国連絡高速道路(神戸市)は今秋、瀬戸大橋での塔頂体験ツアーの開催日を30日超と従来の5倍に増やす。四国の暮らしを支えるインフラを観光にも生かして地域活性化を目指す。

四国電はダムまでの道案内やスタンプラリーなどの機能を備えたアプリ「よ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]