/

この記事は会員限定です

群馬銀・深井頭取に聞く 店舗機能見直しで運営効率化

[有料会員限定]

群馬銀行の深井彰彦頭取は6月下旬の就任後初となる日本経済新聞のインタビューで、ローンや相続などの相談業務に特化した店舗を増やし、山間部に少人数で運営する出張所を設けるなど店舗機能の見直しを進めていく方針を示した。日銀のマイナス金利政策で厳しい収益環境が続く中、運営の効率化を図る。

群馬銀は2022年3月期までの中期経営計画で「チャネル改革」を掲げる。深井頭取は「人口が減っていく中、取引手段を効率的に確保するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン