英首相、10月中旬まで議会閉会 「合意なき離脱」現実味

英EU離脱
2019/8/28 19:27 (2019/8/28 23:35更新)
保存
共有
印刷
その他

ジョンソン英首相は、EUとの合意がなくても英国が10月末に離脱すると繰り返している=ロイター

ジョンソン英首相は、EUとの合意がなくても英国が10月末に離脱すると繰り返している=ロイター

【ロンドン=中島裕介】ジョンソン英首相は9月9日の週から10月13日までの約1カ月間、議会を閉じることを決めた。首相官邸が28日、発表した。議会は9月2日までの予定で休会しており、9月3日に再開後、1週間ほどで再び閉じる見通しだ。計画通りならば、10月末の欧州連合(EU)離脱までに英議会で議論する時間は大幅に短くなる。

ジョンソン氏はメイ前首相がまとめたが英議会で否決された離脱案の修正を求めるが、相手のEUは拒んでいる。与党の一部と野党勢力の多くはEUとの合意がないまま離脱すると政経両面で大きな混乱が生じると批判するが、ジョンソン氏は議会日程を大幅に短縮することで反対派の抵抗を封じる構えだ。「合意なき離脱」が一段と現実味を帯びるとみられる。

ジョンソン氏は28日、議会の開・閉会の権限を持つエリザベス女王に方針への同意を求めた。女王は同日、政府の計画を受け入れた。新たな会期は10月14日の女王の施政方針演説で始まる。

ジョンソン氏はEUと合意できなくても10月末に英国が離脱すると主張してきた。今回決めた議会日程の狙いは、強硬離脱に反対する動きの封じ込めだとの見方が支配的だ。バーコウ下院議長は28日、これと同じ見方を示したうえで「憲法違反の行為だ」と批判した。

28日には最大野党、労働党のコービン党首が「私たちの民主主義への脅威だ。悲惨な合意なき離脱を阻止する活動を続ける」とツイートした。与党、保守党のEU残留派の一人であるグリーブ下院議員は「とんでもない行為だ。この政権は崩壊するだろう」と訴えた。

労働党を軸とする野党勢力は27日、「合意なき離脱」を阻止するための法案を9月3日の議会再開後、早期に提出する方針で一致していた。現在の下院はジョンソン氏の保守党と閣外協力政党を合わせ、与党側が野党側を事実上、1議席上回っているだけだ。保守党にも「合意なき離脱」に反対する議員が20~30人はいるといわれ、野党側が準備していた法案は可決される可能性があった。

英議会はもともと9月下旬~10月上旬は主要政党の党大会の時期にあたるため、休会の予定だった。野党勢力は9月中に「合意なき離脱」阻止法案の成立に向けた道筋をつけ、強硬離脱をやめさせる計画を描いていた。

新たな日程では10月14日の女王演説で英議会が再開する。21、22日のいずれかにはこの演説の採決が実施される。これとは別に、17~18日には英国の離脱について協議するEU首脳会議が予定されている。英議会で離脱を巡り、議論する時間は極めて限られそうだ。

首相官邸側は「反対派封じ」との見方を否定する。「10月31日までEU離脱に関する議論をする時間はある」との立場を維持する。ジョンソン氏は28日の声明で「警察官の増員や国民医療制度(NHS)への投資など国民の優先事項を果たすには、新しい会期が必要だ」と、新たな議会日程を決めた理由を説明した。

自由民主党など70人以上の野党議員や弁護士らでつくるグループは、スコットランドの民事裁判所に議会閉会構想が「違法」だとの訴えを起こしている。9月6日に事情聴取が行われるが、裁判所の判断より前に閉会に突入する可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]