大学のリクナビ離れじわり 明治大など学生に紹介せず

2019/8/28 19:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

記者会見で頭を下げるリクルートキャリアの小林大三社長(左)ら(26日、東京都千代田区)

記者会見で頭を下げるリクルートキャリアの小林大三社長(左)ら(26日、東京都千代田区)

就活サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが学生の「内定辞退率」の予測を企業に販売していた問題で、一部の大学でリクナビ離れが出始めた。同社の小林大三社長は26日の都内での記者会見で「私たちへの信頼は失墜しており、事業の存続に関わるレベルだ」と危機感を示したが、実際に大学からの不信感が高まっている。

【関連記事】リクナビ問題で社長が謝罪、「事業存続の危機」

明治大学は今秋に開く就活ガイダンスで「マイナビ」「キャリタス就活」などの就活サイトは学生に紹介するが、リクナビは対象外にする。学生に推奨できるサービスではないと判断…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]