/

この記事は会員限定です

郡山の内環状線、都市計画決定から86年 いぜん工事中

[有料会員限定]

東京臨海部のオリンピック選手村と都心を結ぶ「新虎通り」はマッカーサー道路とも呼ばれ、都市計画決定から開通まで68年もかかったことが話題になった。ところが福島県郡山市には昭和8年(1933年)の都市計画決定から86年たっても工事が続く道路がある。市街地を直径2キロ余りの円状に囲む内環状線(全長14.5キロ)だ。

JR郡山駅から東に1キロ余りの横塚6丁目。住宅や畑が混在する一画で片側2車線の内環状線の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン