/

この記事は会員限定です

米「逆イールド」再び 長期金利低下、米中摩擦を警戒

[有料会員限定]

世界の長期金利が一段と低下している。米国では27日、長期金利が短期金利を下回り景気後退の前兆とされる「逆イールド」が再び発生した。すでにマイナス金利の日欧でもさらに金利が下がっている。米国と中国の貿易摩擦の先行きが見通せず、安全資産とされる国債にマネーが集中する。米国の金利低下が続けば、円高を通じて日本経済も下押しされかねない。

米国の長期金利の指標となる10年物国債の利回りは27日に1.47%ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン