/

ユニチカ、検査データ改ざん

ユニチカは28日、防水テープや工業用研磨材に使う不織布とポリエステル繊維の品質検査データを改ざんしていたと発表した。2013年8月以降の5年間に製造した76製品について、顧客と取り決めた仕様とは異なる製品を納入しながら、本来の基準に収まるよう検査データを書き換えるといった不適切な行為があった。18年10月に社内調査で発覚したが、品質と安全性に問題がないとして公表せず、顧客企業にも説明していなかった。今後は品質管理基準の見直しなど再発防止を徹底する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン