「野党共闘で埋没」 国民民主が参院選総括

2019/8/28 19:30
保存
共有
印刷
その他

国民民主党は28日の総務会で、7月の参院選を総括する中間報告を了承した。「党の中道改革路線が野党共闘で埋没し、理念や政策を有権者にアピールできなかった」と指摘した。「野党連携を維持しながらいかに存在感を示すか、難しい命題」と記した。

比例代表は3議席で、現職2人が落選した一因に選挙区での公認候補を絞ったことをあげた。「真摯な反省」を明記した。「首都圏や大阪など都市部での支持率低迷」にも触れた。参院選全体として「結果を極めて深刻に受け止める」と総括した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]