/

京都造形芸術大が校名変更 「名称が同一」と反発も

京都市左京区の京都造形芸術大が来年4月、校名を「京都芸術大」に変更することが28日、造形芸術大への取材で分かった。幅広い芸術の教育や研究に取り組むことをアピールするのが狙いというが、同市西京区の京都市立芸術大は「名称や略称と同一、あるいは酷似しており混乱を招く」と反発している。

造形芸術大によると、短期大と四年制大学が統合して現在の形に。学科数は17で、漫画や文芸など造形芸術にとどまらない教育、研究も実施するようになった。略称に「京芸」「京都芸大」は使わないといい、担当者は「2校はまったく異なる大学だし、混乱はないのでは」と話している。

市立芸術大は28日、校名変更に反対するコメントを発表。7月に造形芸術大から報告を受けて以降、電話や書面で撤回を求めてきたといい「引き続き協議しても解決の方向性を見いだし難いと判断した場合は、法的措置も含めた対応を取る」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン