スズキ・トヨタ結んだ創業家の絆 遠州・織機の縁も

2019/8/28 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタとの提携の深化に踏み込んだ背景には、スズキの危機感もある

トヨタとの提携の深化に踏み込んだ背景には、スズキの危機感もある

トヨタ自動車スズキは28日、株式を相互に持ち合うと発表した。電動化や自動運転など複数の次世代技術が同時に進化する「100年に1度の変革期」のなか、単独での生き残りは難しいと判断した。資本の論理に翻弄された経験のあるスズキが、長期的な後ろ盾としてトヨタと結びついたのは創業家同士の深い絆があったからだ。

【関連記事】トヨタ、スズキに5%出資 スズキもトヨタに480億円

2018年秋、トヨタ自動車グループの創始者の豊田佐吉氏の命日に当たるこの日、生家のある静岡県湖西市で功績をたたえる「顕彰祭」が開かれた。豊田章一郎名誉会長ら関係者が出席するなか、同じ遠州地域をルーツとするスズキの鈴木修会長も足を運んだ。

鈴木会長の参加は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]