/

この記事は会員限定です

外食は立地難深刻 モスやドトール「シェア」で打開へ

[有料会員限定]

飲食店で新たな経営モデルが広がっている。1つの立地に2業態を出店するシェア型店舗や移動式のフードトラック、客席を持たないデリバリー専業店――。一過性ではない人手不足や立地難を背景に、出店攻勢で売上高を純増させる外食ビジネスの定石は通じなくなりつつある。海外ではこうしたモデルが定着しており、日本でも新たな潮流として存在感を増しそうだ。

JR桜木町駅(横浜市)から徒歩2分、ホテルのビル1階に2つの飲食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1916文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン