歯周病の予兆、歯ブラシが検知 糖尿病診断にも
大阪の歯科スタートアップ

2019/8/29 5:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

歯科スタートアップのノーブナイン(大阪市)は2020年夏、歯周病の予兆を早く検知する歯ブラシを発売する。実用化に向け、創業初期では異例のベンチャーキャピタル1社による1億円を超す出資も受けた。産学と組み、歯ブラシで集めた口内情報を使う糖尿病などの診断や保険といったサービスも検討。増加傾向にある歯周病の新たな対策となりそうだ。

スマートフォンと連携する電動歯ブラシ「SMASH」は3ミリ角の臭気セン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]