マザーズ、8カ月ぶり安値 バイオ株が下げ主導

2019/8/28 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日の東京株式市場で東証マザーズ指数が約8カ月ぶりの安値を付けた。バイオベンチャーのアンジェス株が急落し、他のバイオ関連株に売りが波及した。世界景気の後退懸念から個人投資家はリスク回避姿勢が強く、下値での買いも入りにくくなっている。

日経平均株価が小幅続伸するなか、マザーズ指数は3日続落し、前日比12.01ポイント(1.41%)安の840.62で引けた。アンジェス株は前日比15%安と急落し、東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]