長野県の阿部知事、観光振興へ新財源検討

2019/8/28 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県の阿部守一知事は28日、観光税や宿泊税など新財源の導入を検討する方針を明らかにした。日本経済新聞との同日のインタビューで、観光振興のための新たな財源について「真剣に考えなければならない重要なテーマだ」と述べた。ただ、財源の形態や徴収方法は明言しなかった。「現行制度を踏まえたうえで、様々な論点を詰めて検討する」と強調した。

北海道倶知安町や金沢市などで宿泊税の導入が進んでいる。長野県内ではス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]