独禁法違反の恐れ、個人情報提供が前提サービス

2019/8/28 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公正取引委員会がまとめた巨大IT企業を規制するための運用指針案の全容が分かった。巨大ITが圧倒的な地位を利用して、インターネットの閲覧履歴や位置情報などを個人から吸い上げる行為を独占禁止法違反の恐れがあるとして取り締まれるようにする。29日にも公表する。

指針案は、サービス利用に関係のない個人情報の提供に同意せざるを得ない状況を作ることが「優越的地位の乱用」にあたると整理した。例えば、通販サイト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]