iPS細胞、産業化見据え 再生医療研究の新指針

2019/8/29 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はiPS細胞に代表される幹細胞を使った再生医療の実用化へ向けた新しい研究指針を策定した。これまでは主に細胞移植の効果や安全性を調べる研究に軸足を置いていたが、新指針はiPS細胞の備蓄事業の公益法人化や、安価なiPS細胞の作製など産業化を見据えた戦略に書き換えた。日本は臨床研究では一歩リードするが、産業応用の面では欧米に後れをとる面もある。再生医療の普及に向けた実効性のある戦略が求められている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]