/

この記事は会員限定です

iPS細胞、産業化見据え 再生医療研究の新指針

[有料会員限定]

政府はiPS細胞に代表される幹細胞を使った再生医療の実用化へ向けた新しい研究指針を策定した。これまでは主に細胞移植の効果や安全性を調べる研究に軸足を置いていたが、新指針はiPS細胞の備蓄事業の公益法人化や、安価なiPS細胞の作製など産業化を見据えた戦略に書き換えた。日本は臨床研究では一歩リードするが、産業応用の面では欧米に後れをとる面もある。再生医療の普及に向けた実効性のある戦略が求められている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン