もうすぐ新学期、通学路の安全守れ 首都圏の自治体、対策を加速

2019/8/29 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

まもなく首都圏の多くの小学校で夏休みが終わり、新学期を迎える。すでに新学期を迎えている小学校もあり、通学中の小学生が車に巻き込まれる形での交通事故を防ぐため、首都圏の自治体は対策の強化を急いでいる。ガードレールの設置をはじめとする道路設備の改良に加え、保護者だけでなく子ども自身にも注意を促し、通学時の安全向上を目指す。

東京都中野区はドライバーに対して小学校や保育施設の近くでの車の徐行を呼びかけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]