/

この記事は会員限定です

青木養鶏場の「富士の鶏」 餌や解体法にこだわり

(わが社の一押し)

[有料会員限定]

青木養鶏場(静岡県富士宮市)のブランド鶏「富士の鶏」が人気を集めている。餌にこだわり、作業員が手作業で解体。生産・処理・加工の一貫体制を築く。高品質の食材として高級レストランやホテルなどから引き合いが多く、積極的に商品を展開している。

同社の飼育数はおよそ240万羽。ほとんどが食品加工会社に出荷しているが、そのうち約5万羽を自社で処理して、直売店やインターネットで販売している。

まずこだわるのは餌...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン