無人機が招く紛争悪化 米・イラン、撃墜の応酬

2019/8/28 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国とイラン関係は対話機運も出てきているが、両者の抜本的な対立は解消されていない。6月にはイランがペルシャ湾上空で米国の無人機を撃墜すると、米軍も後日イランの無人機を撃ち落とした。軍用無人機の活用が増え、武力紛争を悪化させかねないといった副作用も浮上する。無人機をきっかけにした軍事衝突を防ぐために、多国間のルール作りが急務になってきた。

イランの革命防衛隊が米軍の大型無人偵察機グローバルホークを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]