「日本の不当な措置は遺憾」韓国首相

日韓対立
2019/8/28 11:08
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は28日、日本が軍事転用の恐れが低いとされる製品を自由に輸出できる「グループA(旧ホワイト国)」の対象国から韓国を除外する政令を施行したことについて、「日本が不当な措置を続けることは非常に遺憾だ。日本が韓日関係の修復に向けた対話に誠意を持って臨むことを求める」と語った。

28日、韓国の世宗市で関係閣僚会議を開いた李洛淵首相(聯合=共同)

韓国政府は同日、李氏の主宰で日本の輸出規制に対応する閣僚級会議を開いた。韓国政府は日本の輸出管理強化が不当だとして世界貿易機関(WTO)への提訴を検討しているが、李氏は「WTO提訴を遅滞なく進める」と語った。

李氏は日本に依存する素材、部品、製造装置の国産化に向け、特別会計で今後3年間で5兆ウォン(約4360億円)を投入するとも語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]