/

この記事は会員限定です

スウェーデン、製鉄革命でCO2ゼロ挑む

(グローバルViews)

フランクフルト支局 深尾幸生

[有料会員限定]

鉄鋼生産の常識を覆す取り組みが北欧スウェーデンで始まった。同国鉄鋼大手SSABなど3社は、石炭(コークス)などの化石燃料を使わず、かわりに水素を使う新製法を2035年に実用化することを目指す。温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出をなくすのが目的で、実現すれば多排出産業の鉄鋼業にとって革命的だ。「脱炭素」の波があらゆる産業に押し寄せている。

スウェーデン北部のルレオ。北緯65度のこの町の製鉄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン