/

日韓議連会長の額賀氏、韓国首相の提案を拒否

額賀氏は「まず韓国が国同士の約束を守るべきだ」と強調した

超党派でつくる日韓議員連盟の額賀福志郎会長は27日、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と電話で協議した。李氏は日本が一連の輸出管理厳格化の措置を撤回すれば、韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を見直すと提案した。額賀氏は「本質的な解決にはならない。日本政府は受け入れられない」と拒否した。

額賀氏は「まず韓国が国同士の約束を守るべきだ」と強調した。元徴用工問題を巡り韓国側が解決策を示すよう求めた。李氏は「元徴用工の問題も含めて解決策を検討したい」と答えたという。

李氏は韓国国会で「日本がとった不当な措置が元に戻れば、我が政府もGSOMIAを再検討するのが望ましい」と表明していた。李氏は額賀氏に対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と協議したうえでこうした方針を伝えたと説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン