KDDI、携帯違約金1000円に引き下げ

2019/8/28 8:05 (2019/8/28 14:14更新)
保存
共有
印刷
その他

事業計画を発表するKDDIの高橋誠社長(28日午前、東京都渋谷区)

事業計画を発表するKDDIの高橋誠社長(28日午前、東京都渋谷区)

KDDI(au)は28日、携帯電話の2年契約を途中でやめる際の違約金を1000円に引き下げると発表した。これまでの9500円から引き下げる。総務省が10月に導入する携帯電話料金の新ルールをまとめ、違約金の上限を1000円にしたため。利用者が携帯会社を乗り換えやすくする狙いがある。携帯大手3社で違約金の引き下げを発表するのは初めてとなる。

KDDIは9月にデータ容量が無制限で使い放題となる新料金プランを始めることも発表した。既存のデータ無制限プランの月額料金を引き下げたほか、豊富な動画コンテンツを抱える米ネットフリックスの会費を組み込んだ。次世代通信規格「5G」時代を見据え、データ容量を気にせず使いたい利用者の需要を取り込む。

9月13日に始める新プランは「auデータMAXプラン Netflixパック」。月額料金は7880円。家族割りなどを適用すると月4880円から利用できる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]