米コストコ、上海進出 来店客殺到で営業終了前倒し

2019/8/28 2:54
保存
共有
印刷
その他

【上海=松田直樹】米会員制卸売大手のコストコ・ホールセールは27日、中国・上海市内に1号店を開業した。午前8時半の開店と同時に多くの人が押し寄せ、想定以上の客が殺到したため午後1時にこの日の営業を終了した。米中対立が激しくなる一方で、米国ブランドへの人気は中国でまだまだ健在のようだ。

事前の会員登録でも長い列ができた(24日、上海)=AP

中国メディアによると、上海のコストコ1号店の駐車場は約1300台収容可能だが、開店とともに満車となり、午前中の時点で3時間待ちになったという。押し寄せた人で店内が一時混乱し、安全のため午後1時すぎにはこの日の営業を中止した。28日は店内に入場できる人数を2000人に制限して営業する。

中国では米スターバックスコーヒーなど米国ブランドへの人気は依然として高い。一方で、最近は米アマゾン・ドット・コムの米国向けのネット通販サイトで、「香港独立」と記載されたTシャツを販売しているとして中国ではアマゾンへの批判が殺到しており、外資企業の間では中国でのビジネスに対して警戒感も高まっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]