ホルムズ護衛「有志連合」呼び名変わる 軍事色薄く

2019/8/28 11:30 (2019/8/28 17:42更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中東・ホルムズ海峡を護衛する枠組みに軍事色の弱い表現が使われるようになってきた。米国は当初、軍事行動を想起させる「有志連合」として各国に参加を呼びかけていた。賛同が広がらず「海洋安全保障イニシアチブ」に切り替えた。日本政府もこの呼び名を使い、自国船の安全を確保するための自衛隊派遣を検討している。

安倍晋三首相は28日、イランのザリフ外相と横浜市で会い、9月下旬の国連総会にあわせたロウハニ大統領と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]